スポンサーリンク

京都 重賞 菊花賞

2017年 天皇賞秋の予想と考察

こんにちは。アザラシです。

本日開催の天皇賞秋の考察および買い目について書いています。

馬券の購入は自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

買い目と考察

 

天皇賞秋
◎ 2 サトノクラウン
○ 5 ヤマカツエース
▲ 7 キタサンブラック
△ 3 ネオリアリズム
☆ 1 サクラアンプルール
★ 4 リアルスティール
 馬単ボックス◎〇 ワイド◎〇ー◎〇▲△☆ 三連複ボックス◎〇▲△☆★

天皇賞秋の過去傾向を見ると、やはり東京2000mということで上がり勝負となっている。

ここ10年で本日ほどの不良馬場はないようだが、稍重の年も速い上りが使えたメンバーが好成績。先行したメンバーが年も先行しつつ速い上りが使えたメンバーが馬券内にきている。

 

先週の菊花賞もそうだが、今回も馬場を気にせず重視すべき過去傾向に沿った予想基準でメンバーを選定した。

平場のレースを見ていると、雨が強すぎてかなり走りにくそうな印象を受ける。

先行して速い上りが使えるタイプが好走しているが、全員がかなり内を開けていることから中団くらいにいる速い上りが使えるメンバーは、バラける馬群を縫ってしっかり伸びてきている。

◎サトノクラウン

騎手・調教・馬場ともに文句なしの出来。

他の馬がパフォーマンスを落とす中で、この荒れた馬場はこの馬の見方をするだろうと想定。

何より鞍上が強い。この馬場を考慮した位置取りでレースしてくれると期待して本命へ。

〇ヤマカツエース
意外と人気していないが、もとから天皇賞秋を目標としていただけに札幌記念を経由して出来も抜群。

去年の同レース15着から、有馬記念や大阪杯とG1馬相手に好勝負を繰り広げている。特に有馬記念の4着に関しては今回サトノダイヤモンドとゴールドアクターがいない。

左回りの2000に関しては金鯱賞を連勝。ここも不安なし。

何より夏から天皇賞秋を目指すと発言していた陣営と騎手の意気込みを期待したい。

▲キタサンブラック
オッズの兼ね合いから▲にしたが、馬と騎手ともに文句なし。

先行脚質と上りも使えるので馬券内にはくると思っている。不良馬場も問題ないはず。宝塚は完全に連戦疲れとみて参考外。

 

△ネオリアリズム

去年の札幌記念で馬場が悪い中、モーリス相手に逃げ切り。
この馬も重い馬場が得意だとみている。あとは前目につけて粘れれば。

 

☆サクラアンプルール
ヤマカツエースと同じく夏競馬を経由しての乗り込み。

去年の宝塚や今年のヴィクトリアマイルなど忘れた頃に人気薄を持ってくる蛯名騎手に注意して。

☆リアルスティール

当初買うつもりがなかった馬。

毎日王冠を使った結果でもうお釣りがないかと思っていたが、パドックを見たらかなり良かったので、追加しました。重馬場がどうかだが上りはメンバー内でも速いので、鞍上がうまく位置をとれれば。

三連複の紐にのみいれます。

考察は以上となります。ご一読ありがとうございました。

スポンサーリンク

-京都, 重賞, 菊花賞
-, , ,

Copyright© アザラシの勝つ馬を探す競馬ブログ , 2019 All Rights Reserved.