スポンサーリンク

血統 ダート 競馬の基本

予想力に差をつけるダート替わり!適性舞台を狙い撃ち!

こんにちは。アザラシの中の人です。

「うわー!その馬全く買ってない!人気ないのになんで!?」

競馬をやっているとこんなセリフいったことありませんか?

こういった人気薄馬の激走の裏には何かしらの「条件替わり」が絡んでいる事が多いです。

条件替わりって結構強烈で2桁人気になっているような超人気薄が人気を嘲笑うかのように激走することがあります。

この条件替わりとは文字通り、その馬の前走から何かの条件が変わることを指しますが騎手やコース、距離短縮延長など色々あり覚えるのが大変…。

特に競馬を始めたての方は専門用語やコースの特徴を覚えるのに精一杯でそこまで手が回らないって方もいらっしゃると思います。

今回は競馬始めたばかりの方に条件替わりの中でも絶対に覚えてほしい即効性のある条件替わりをご紹介します

競馬新聞やレース後の予想のポイントだった内容などに目を通している時にこんな言葉を見たことはないでしょうか。

「ダート替わり」

今回のテーマはこのダート替わりです。

何となく知っている方も今初めて知った方もこのタイミングで「ダート替わり」の考え方を覚えて予想に活用しましょう。

スポンサーリンク

ダート替わりとは?

まず予想に活用する前にそもそもダート替わりの説明から。

ダート替わり前走芝のレースを走っていた馬が今回ダートのレースに出走してくること

言葉通りですが、これだけ読んでもダートに替えてきた馬を狙うことがなぜ良いかわからないですよね。

ダート替わりとはシンプルに考えるなら、「適材適所」です。

そしてそれを狙う理由は当然儲かる可能性が高いからです。

レースに出走してくる馬たちは芝が得意な馬もいればダートが得意な馬もいます。

ダートが得意そうだけど、ずっと芝を走っていて良い結果が出ていない馬。

その成績から全然人気していない状態でダートのレースに出てきたら美味しいと思いませんか?

つまり「ダート替わり」とはダート適性がある馬が得意なダートで巻き返す瞬間を狙うという考え方です。

ポイントは芝からダートに替えてきた馬をただ買うのではなく、血統を軸としてダート替わり時に好走しそうな血統を持っている馬を狙うというところです。

お勧めの種牡馬と回収率

ここまでダート替わりについて説明してきましたが、次はダート替わりと相関性の高い血統の回収率を説明します。

ただ血統と言っても種牡馬の数はたくさんいて、覚えることに時間がかかり予想に活用できないと意味がありません。

また今回は即効性のある条件替わりを前提として進めていきますので、その前提をもとに

ダート替わりは絶対に抑えたい3頭コース条件が合えば抑えたい3頭の計6頭を紹介していきます。

対象のデータは2014/1/1/~2017/12/3の期間で前走が芝を使った馬の未勝利ダート戦績です。

絶対抑えたい3頭

  • ネオユニヴァース
  • キンシャシャノキセキ
  • キングカメハメハ

コース条件で抑えたい3頭

  • ダイワメジャー
  • クロフネ
  • ハーツクライ

ネオユニヴァース

個人的にザ・ダート替わりの馬。出走していたら是非チェックを入れてほしい1頭。

ダート替わり時の成績

戦績:22- 12- 16-164/214
勝・連・複:10.3% 15.9% 23.4%
単回・複回:159 90

戦績から見てもわかる通りダート替わり時の単勝回収率が非常によく「ダートに替わったら本気出す」ってイメージのある種牡馬です。

代表産駒はネオリアリズムやサウンズオブアース。

ネオユニヴァース自身は現役自体にダートを走った事がありませんが、ネオユニ産駒と言えば忘れてはいけないのがヴィクトワールピサです。

ヴィクトワールピサも父のネオユニヴァース同様に芝で活躍していましたが、ドバイワールドカップで初めてダートを走り勝ちました。

この勝利からもネオユニヴァース産駒のダート適性に気づいていた方もいるかもしれませんね。

出走数を考えると産駒がたくさん出ているというタイプではないので、馬柱見てダート戦で名前があれば今回がダート替わりかどうかはチェックしたいところ。

得意としているコースは福島1700、京都1400・1800、中山1800の4コース。

特に京都の2コースはかなり数字が良いのでダート替わりで出走していたら必ず抑えましょう。

キンシャサノキセキ

今回説明してる『ダート替わり』という考え方に気づかせてくれた種牡馬。

たまたま見ていた1,2レースがあってどちらもダート替わりしたキンシャシャノキセキ産駒が上位。

その結果を受けてアナウンサーが言った「この結果を見ると、やはりキンシャシャノキセキのダート替わりって感じですね~」というセリフは今でも忘れません。

その時はダート替わりって事がそんなに効果あるのか!?と驚きました。

そんなきっかけを与えてくれたキンシャシャノキセキ産駒の戦績は下記の通り。

ダート替わり時の成績

戦績:16- 11- 6-123/156
勝・連・複:10.3% 17.3% 21.2%
単回・複回:152 69

2014年の種牡馬デビューのため、上で紹介したネオユニヴァースよりも累計の出走数は少ないですがダート替わり時の勝利はネオユニヴァースと並んで10%越え。

また単勝の回収率も非常に魅力的なので、週末にアップしている予想にはキンシャサノキセキ産駒のダート替わりは結構取り入れてます。

代表馬:シュウジ

狙いたいコースはまず中山1200です。ここにダート替わりで出てきたら単勝ベタ買いしたいところ。

あとは東京1400、新潟・阪神1200も好成績。

キンシャサノキセキ自体も1200~1600mで活躍したので、その産駒もしっかり特徴を引き継いで短めが良いようですね。

キングカメハメハ

ディープインパクトと並ぶ人気の種牡馬です。

競馬をやっていてキングカメハメハ産駒を見ない週はないのではないかというくらい多くの産駒を輩出しています。

平場はもちろんのことドゥラメンテやレイデオロといったダービー馬も輩出しており、G1の大舞台で活躍する産駒がたくさんいます。

ダートのキングカメハメハ産駒というと、有名どころではホッコータルマエ。

ぶち柄で人気を博したブチコのお父さんもキングカメハメハです。

芝・ダートともに産駒が大活躍のキングカメハメハですが、その産駒のダート替わり戦績はこんな感じ。

ダート替わり時の成績

戦績:21- 22- 29-197/269
勝・連・複:7.8% 16.0% 26.8%
単回・複回:98 123

先ほどの2頭と比べると単勝は落ちますが、複勝はベタ買いOKの回収率です。

単勝も充分狙える回収率だと思いますので、オッズと相談して積極的に買っていきたいところ。

狙いたいコースは新潟・京都・中山の1800です。

キングカメハメハのすごいところは、この3コースにおけるダート替わりは単勝回収率が全て回収率が100を超えています。
※回収率が非常に優秀なので、各コースの回収率を載せておきます。

得意コース成績

着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
新潟1800 2- 1- 1- 7/11 18.2% 27.3% 36.4% 824 377
京都1800 7- 4- 5-18/34 20.6% 32.4% 47.1% 161 155
中山1800 4- 5- 2-22/33 12.1% 27.3% 33.3% 134 89

新潟の数字が…

というわけで夏競馬は新潟1800でキンカメ産駒のダート替わり狙いましょう!

ここまではダート替わりになっていたら絶対に抑えたい3頭を紹介しました。

次からはダート替わり+コース条件が噛みあった時に高いパフォーマンスを出している3頭を紹介していきます。

3頭とも有名どころで毎年産駒が活躍している種牡馬たちです。

ダイワメジャー

ダート替わり時の成績

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
京都1400  3- 3- 1- 8/15 20.0% 40.0% 46.7% 399 199

芝も京都を得意としているダイワメジャーですが、ダート替わりの1400は滅法強い。

ということで結論はダイワメジャー産駒は京都1400ダート替わりで買え!です

クロフネ

ダート替わり時の成績

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
阪神1400  3- 1- 2-13/19 15.8% 21.1% 31.6% 128 70

単勝は買えるレベルですね。

複勝率が高いので、単勝と取りこぼした際の馬連またはワイドなんて買い方がハマりそうな数字。

ハーツクライ

ダート替わり時の成績

コース 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単勝回収値 複勝回収値
東京・ダ1600  2- 3- 2-10/17 11.8% 29.4% 41.2% 57 269
中京・ダ1800  1- 1- 2- 6/10 10.0% 20.0% 40.0% 92 87

こちらも産駒がG1で大活躍のハーツクライ。

芝のイメージがあるかもしれませんが、実は東京でのダート替わりがかなりハマる種牡馬です。

ダート替わりの効果もあると思いますが、この種牡馬の特徴として左回りが成績が良いので

ダート替わり × 左回り でこの好成績なのだと考えています。

理想は前走が芝の右回り(阪神・京都・中山)で負けて、人気落ちした状態で東京1600にダート替わりしてきたときですね。

新種牡馬で注目の2頭

最近産駒がデビューした新種牡馬の中でダート替わりが狙えそうな2頭をピックアップしました。

ただデータのサンプルが少ないのでおまけだと思ってください。

まだ判断しきれない部分もあるので、ダート替わりが狙えるかどうかの判断はこれからの結果次第です。

・ルーラーシップ
・モンテロッソ

ルーラーシップの産駒については、ちょこちょこダート替わりを狙っているコメントを見かけます。

ダート替わりのベタ買いでも複勝回収率は100を超えてますので、このまま成績伸ばしてくれたらダート替わりを狙いたい候補馬ですね。

モンテロッソはダート替わりを狙える種牡馬なのは、ほぼ確定だと思っています。

新聞のコメントを読んでいると騎手が陣営にダート替わりを進言しているくらいダート向きだそうです。

ただそれくらいダート適性がはっきりしていると、芝のレースに出てくる頻度は下がるかもしれません。

今回は即効性という観点から6頭+2頭に絞って紹介しましたが、ダート替わりを狙える種牡馬は他にもいますので

今回の8頭を覚えたら次の種牡馬を探してみても楽しいと思います。

特に新種牡馬はまだまだサンプルが少ないため、適性を早めに見抜ければ妙味ある馬券を取れるチャンスです。

スポンサーリンク

ダート替わりを狙えるレース

ここまではダート替わりを狙える種牡馬とその得意コースを紹介してきました。

単純に条件に該当するコースの出走をベタ買いでも良いのですが、

せっかく効果を高めるのであれば、更に下記の制約を入れていただくと良いです。

①先行脚質

②陣営のコメント

先行脚質

ダート替わりの馬に限らずダートは前有利

特に未勝利クラスなら後ろから差してこれる馬なら早い時期に勝ち上がってます。

せっかくダート替わりを狙うのであれば先行脚質で前残りを狙いましょう。

お勧めは前走前目の位置でレースして差し切られているような馬

こういった馬は結構おもしろい存在です。

前走が芝の軽い馬場で切れる脚をもつメンバーに捕まってしまって負けたとしても、ダートなら切れ味勝負にはなり辛いため前残りが望めます。

理想はテンから飛ばしてハナ切るのが王道ですね。

また逃げられず4~5番手になっても位置の利があるため、それなりの上りが使えれば粘れます。

陣営のコメント

これも拾いやすいポイントだと思います。

陣営のコメントがダート替わり狙いかどうか

パターンは2つです。ひとつめは

「芝では切れ負けするのでダートに変えてみる」

こんな感じのコメントがあれば、とりあえずチェックしましょう。

①と絡んできますが、前走が先行脚質なら狙ってみたいですね。

ふたつめは「ジョッキーからの進言があって」といった内容。

前走乗った騎手がダート適性があれば進言することがあり、新聞のコメントにもその旨が載っている場合があります。

2017/11/5(日) 東京1レースで前走東京の芝1600を走っていたモンテロッソ産駒のトキノパイレーツ(3人気 単勝6.3倍)という馬がダート替わりで勝ちました。

この日の新聞でトキノパイレーツの調教師のコメントが、鞍上の津村騎手からダート適性の進言があった旨をコメントしていました。

それを見て私も狙いましたが、結果は進言通りダートがあったようで番手からレースを進めて直線では悠々と突き抜けて1着でした。

細かく見ていればこの例のように明言している場合もあるので、チェックしてみましょう。

ダート替わりを狙ってはいけないレース

狙えるレースの例があれば当然狙うと危険なレースもあります。

これは今回ダート替わりの馬が多数出走しているレースです。

こういったレースは誰がダート替わりで激走するかわかりません。

また同じ種牡馬が複数いる場合もあるので、ダート替わり以外の条件で明確に狙える根拠のある馬がいない限りは回避した方が無難だと思います。

参加するならダート替わりが2~3頭くらいのレースがお勧めです。

スポンサーリンク

馬券にはどのように活用すべきか

予想する知識は馬券を当ててこそ意味があるもの。

最終的に馬券を的中されるためにはダート替わりという知識をどう使うかが一番大事な話です。

私の買い方はこんな感じ。

人気上位馬の場合:単勝+ワイド(点数2~3点)
人気薄の場合:複勝+ワイド(3~5点)

単勝オッズにもよりますが、今回ダート替わりを狙いたい馬が人気上位馬だったら単勝とワイド、単勝のオッズが低い場合はワイドのみの買い方をします。

ワイドを複勝の代替馬券として使うイメージです。ワイドがつかない場合は馬連に変えてます。

逆に人気薄の場合は、複勝や人気馬相手のワイドでも結構オッズがつくので無理に単勝を狙わず

複勝で利益確保を狙いワイドをひっかけるイメージで買います。

三連系を買われる方は人気馬の場合は頭まで、人気薄の場合は2,3着には置いておくと取りこぼし減少に繋がると思います。

ダート替わりは毎回好走するわけではなく、あくまで好走する確率が高い舞台を狙っているため、人気薄を狙えば人気通りの着順になることもあります。

外れてしまったとしてもそれだけのことです。競馬やっていれば、よくあることですので割り切りましょう

そういった前提も踏まえて参考までに私の買い方を紹介しましたが、これが正解というものではありません。

自分で仮説を立て馬券を買ってみて一喜一憂するのも競馬予想の楽しみだと思いますので

試行錯誤してご自身にあう買い方を見つけてください。

該当馬を効率よく探したい方向けのツール

今回書いた内容は馬柱をみていく必要があります。

しかし未勝利戦の数を考えると馬柱ベースでダート替わりを探すのは結構時間がかかります。

中央競馬は基本土日に開催されますが、馬柱を全部見ていくほど競馬に時間を割けない方もいらっしゃると思います。

そういった方向けに毎週私がアップしている予想記事の冒頭に「変わり身シート」というシートをアップしておりますので

そちらを使ってダート替わりを拾ってみてください。※スケジュールの都合上リリースしていない週もあります。

サンプルをおいておきます。

こちらは2017/12/10のシートです。

これを見ると1Rにモンテロッソのダート替わりがいるとか2Rはダート替わりがたくさんいるといった情報がパッとみてわかります。

まだまだ改良中ですが、ぜひ使ってみてください。

まとめ

色々と解説してきましたが今回のまとめになります。

今回のまとめ
  • 「ダート替わり」でダート適性がある馬が巻き返す瞬間を狙ってみよう
  • 代表的な種牡馬を覚えよう
  • 脚質や陣営のコメントをしっかり確認しよう

今回はダート替わりというテーマを紹介しましたが、競馬は「知っていれば馬券が取れた」がいくつも存在します。

この記事の内容で読んでくださった方の「知らなくて馬券が取れなかった」「知っていたから馬券が取れた」に変われば大変嬉しいです。

競馬をやるからには勝ってこそ楽しいですからね。

本日はここまで。
長文となりましたが読んでくださってありがとうございました。



-血統, ダート, 競馬の基本
-,

Copyright© アザラシの勝つ馬を探す競馬ブログ , 2019 All Rights Reserved.