スポンサーリンク

ダート 東京

2017/10/15 新潟の推奨馬と秋華賞の予想

こんばんわ。アザラシの中の人です。

本日はカスリもせずで残念な結果でしたが、秋華賞もありますので気を取り直して予想していきます。

明日は東京・京都が堅そうなので、新潟に絞って買いたいレースをアップします。

普段はやりませんが、上記の選定レースが少ないことから、秋華賞の考察と買い目を合わせて記載しますので、こちらもご興味あれば読んでいただければと思います。

直前オッズを見ての買い目決定ができないため、オッズが低いようであれば回避していただいた方がよいと思います。

この記事の予想内容は的中を保証するものではございませんので、馬券の購入は自己責任でお願い致します。

 

スポンサーリンク

・新潟

 

新潟7R
◎ 7 タイガーヴォーグ
○ 8 カワキタエビデンス
▲ 3 タマモサザンクロス
△ 6 スターズバース

ワイド◎〇ー◎〇▲△
 
当コース0-2-1-1と安定している◎タイガーヴォーグ。今回は前回から3キロ減ということで、得意コース+斤量の利を活かして先行押し切りを期待。
 
2頭目の軸はカワキタエビデンス。このコースで大穴開けまくっているベーカバド産駒。おそらく人気しないと思うので、種牡馬の得意コース+ダート替わりの一変を狙うならこの舞台とみて。
 
 

・秋華賞

買い目と考察理由

まずは買い目から。今回は平場を1レースのみ参加のため、点数多めにしました。

 

秋華賞
◎ 14 ディアドラ
○ 11 ミリッサ
▲ 4 モズカッチャン
△ 7 リスグラシュー
☆ 5 ブラックスビーチ
単勝◎〇  ワイドボックス◎〇▲、☆-◎〇 馬連ボックス◎〇▲ 三連複ボックス◎〇▲△☆

 
 
ここからは考察。
秋華賞に関しては過去5年で馬券となったメンバーの脚質は2012年のヴィルシーナを除いて、すべて差し・追込。
 
馬場の状況が話題になっているが、上記の脚質傾向に合わせて前に行く馬は考慮しないせずに中団・後方から勝負できるメンバーを選定。
 
◎と〇に関しては、ほぼ同じくらい評価をしており差をつけたのは調教。
ディアドラは今回のメンバーの中では上がり上位で紫苑Sから余裕のあるローテでしっかり乗り込んできており調教抜群。
 
今年のクラシック大活躍の鞍上ルメールもポイントが高い。
このコースでの成績は驚異的。
 
勝率ー連対率ー複勝率 26.7%ー50.0% ー66.7%
 
あとは終いの脚を活かすような位置取りができれば確実に伸びてくるはず。
 
 
 
〇のミリッサは調教が出るまでは本命だった馬。ミリッサは前走ローズSでハナ差4着。この馬の特徴は京都コースでの上りの速さ。
京都での新馬戦、エルフィンS、500万下でそれぞれのレースであがり1,2位。
 
前走は阪神でのレースだったが得意の京都に替わって、上りの速さを求められる秋華賞なら、この馬の脚質があうはず。
 
また鞍上の福永騎手は去年のこのコースの勝利ジョッキーでこのコースとの相性抜群。
 
ルメールほどの数字ではないにしても
勝率ー連対率ー複勝率 14.9%ー28.4%ー40.3%は十分に買える数字。
 
また大舞台で人気馬に乗ると、プレッシャーからかイマイチなレース運びをしてしまうことがあるが、今回はそこまで人気しないのでリラックスして乗ってくれるはず。
 
イメージは去年のヴィヴロスのように、最後の直線でのたたき合いを繰り広げて突き抜けてくれることを期待して対抗へ。理想はたたき合いの相手がディアドラ。
 
▲モズカッチャンは鞍上から選定。調教がイマイチなのと脚質的に先行してしまうとこのレースの傾向としては苦しいので選びずらいところではあるが、G1のデムーロは何かやるのを何回も見てきたので、ここは鞍上の勝負強さを信じて。
 
△リスグラシューは印は△にしたが、勝ってもおかしくないと思っている。
 
同世代の中でも能力は抜けていると思うが、メンバーレベルに合わせて走る習慣がついており、勝ちきるというよりは安定して好走するというイメージがある。
 
とはいえローズSでも素晴らしい脚を使った事実と鞍上の武豊も福永についでのコース成績、ディアドラと同様に調教も抜群ということで、今回はどうしても最後の一冠を取るための意気込みを感じている。
 
あとは馬自身が初の京都がハマるかどうか。
 
最後は☆ブラックスビーチ。抽選通った強運の持ち主。気になるのは京都を得意とするディープインパクト産駒ということと川田騎手×角井厩舎のコンビ。
 
川田騎手はルメールについでこのコースの成績がよく、角井厩舎と組んだレースは複勝率50%近い数字。
 
能力面では上記人気馬とは差があるように感じるが、調教も良かったので後は鞍上がどこまでカバーできるか。
 
おそらく当日オッズも100倍超えるはずなので、人気薄の好調教馬の一発枠として持っておく。
 

スポンサーリンク

 

悩んだ人気馬の取捨選択

 

・アエロリット

今回の出走メンバーの中で一番調教が良い馬。おそらく当日も1番人気になると想定。

前走も古馬相手にクイーンSを快勝と良い流れで秋華賞に臨んできているが、気になるのは脚質。

基本は先行脚質で2~3番手でのレース運びがあっていると思われるが、今回はローズSを1000m 59.1のハイペースで逃げたカワキタエンカがおり、今回もハイペースで逃げるはず。

そうなった時に先行したメンバーはローズSの時と同様に脚を溜めれず脱落していき、差し・追込決着になる可能性が高い。

NHKマイル、クイーンSでの2番手、逃げで前に行く癖がついていなければよいが、カワキタエンカがいるレースではそれが怖いところ。
 
鞍上が典さんだけにどんな騎乗するかは、レース始まってみないとわからないところがあるが、この人気なら嫌いたい。
 
・ラビットラン
前走は後方から大外ぶち抜きで一気に秋華賞の主役へ。

脚質は全く問題ないと思っているが、秋華賞の最後方からの追い込みは意外と届いておらず、前走と同じような位置取りになると直線短い内回りでは届かない可能性がある。

調教も良く上記の点以外は懸念点なしです。

・ファンディ-ナ
前走のローズSがイマイチだった印象。完全にたたきのつもりで使ったのであれば、今回巻き返してくると思うがそれにしても負けすぎという印象を受けた。

脚質的にも先行すると思われるので、アエロリットと同様にカワキタエンカのペースに巻き込まれず脚を溜めれる位置取りが重要になってくる。

今回は調教もよくたたき2戦目での上積みでどこまでカバーできるかということろ。

色々と不安材料は挙げたものの、大前提は「きたら仕方ない」という気持ちで予想しており、上位の3頭が勝ってもおかしくないと思っておりますので、一例としてご参考にしていただければ幸いです。

上記の内容は的中を保証するものではございませんので、馬券の購入は自己責任でお願い致します。

長くなりましたが、明日の予想と秋華賞の考察はここまでになります。

ご一読ありがとうございました。

スポンサーリンク

-ダート, 東京
-,

Copyright© アザラシの勝つ馬を探す競馬ブログ , 2019 All Rights Reserved.